Amazon中国輸入

Amazonアカウント削除されたら? 複数持つメリットと危険回避

更新日:

中国輸入ビジネスAmazon販売の最大の危険は「アカウント停止」です。

アカウントが停止すれば、ビジネスの閉鎖に追い込まれます。

しかし、アカウントが複数あると、

例えばアパレルが得意ならアパレル専門のアカウントでブランド力の強化をはかりつつ、

もう1つのアカで生活用品などの販売に力を入れるなどで売り上げをアップさせることができます。

 

何でも販売しているセラーもいいですが、高単価の商品になると、

何かに特化した専門性のある方が購入者側から見れば、買いやすいという側面があります。

しかも、万が一のアカウント停止、削除になった場合、

使っていなくても、もう1つのアカを作っておく、または作り方を知っていることでスグに販売を再開することができます。

急な停止に慌てないタメにも知っておくべき情報を解説していきます。

 

規約では複数アカウントはもてるの?

Amazonの規約では、1人に対して販売+購入アカウントの2アカウントは認められていますが、販売+販売または購入+購入の複数アカウントは表上禁止されています。

 

なので、

アカウント停止になると、二度とAmazonで販売はすることができなくなるのが一般的です。

ビジネスを進行中の身からすると、生活の糧を奪われる危険があるほど恐ろしいアカウント停止による対応やご相談のお問い合わせが増えてきています。

 

私もそうですが、

Amazonである程度ビジネスをしている人は、おおむねAmazonアカウントを複数持っていいます。

Amazonは規約の変更が頻繁で、それでいて、アカウントが簡単に止まります。

しかも、その規約は法律とは違い過去に遡り停止になることが有るので、Amazonアカウント1個だけでは危険過ぎますよね。

 

正攻法で複数アカウントの作り方

規約に違反しないで正攻法で複数アカウントを持つ一番簡単な方法は、親、兄弟、友達にお願いすること。それらの近い人にアカウントを作ってもらい、自分で管理させてもらうことです。

家族名義の場合だと、IP・PC情報が同一でも削除されることは無いといえます。

Amazonサポートが個別のチェックをするので、事前にサポートに連絡をしておくと安心です。

 

ビジネスを本気でやり、法人化をした人は、会社名義で作る方法があります。

個人名義と会社名義でアカウント2個は作れます。

また、会社の場合は部署ごとにいくつでもアカウントの作成が可能ですが、確実に紐づけされるのでアカウントが飛ぶ時は、関連アカウントとして全てが止まる可能性が高いのでおすすめはしません。

紐づけされないように、

・名前

・口座

・クレジットカード

そして、

・IPアドレスの分散が必須

 

IPアドレスはネットの住所なので、これが同じだと他を分散しても関連アカウントで停止や閉鎖になります。

 

IPアドレスのグローバルIPをAmazonでは判断しています。プロバイダーによっては、再起動ごとに変わる場合がありますが、固定の場合だと新しいIPアドレスを手に入れる対策が必要です。

 

・プロバイダーの変更

・格安SIMからネットにつなぐ

・ポケットWi-Fiからつなぐ

上記が一般的な対策方法です。

 

銀行口座…名義が同じでもAmazonは名前で判断していません。閉鎖されたアカウントまたは持っている(既存)アカウントと違う口座だと大丈夫です。

クレジットカード…閉鎖されたアカウントまたは既存のアカウントと同じカードではダメですが、名前でAmazonは判断していません。新しいカードを作るか、別のカードにするか、1度登録したカードでも紛失したことにして新しいカードを発行してもらえば番号が変わるので解決できます

住所…既存と閉鎖されたアカウントと違う住所にする必要があります。実家など別の住所が使えない場合は、バーチャルオフィスの利用があります。しかし、同じバーチャルオフィスの住所で別のアカウントが閉鎖されたら、紐づけされる恐れがあります。

電話番号…050サービスを使えば格安で簡単に新しい電話番号の取得が可能です。

 

どんなビジネスにもリスクは付きものですが、あらゆることを想定して起きた場合のすみやかな対応や事前の準備で回避できます。

-Amazon中国輸入

Copyright© Amazon中国輸入・アマゾン販売・メルカリ転売・せどり・ネット副業【山田野武男】 , 2017 All Rights Reserved.