Amazon中国輸入

中国輸入はなぜノーブランド品なのか?その理由と儲かるカラクリ

更新日:

中国輸入ビジネスで仕入れる主な商品はノーブランド品ですよね。

これはなぜだか、ご存知ですか?

何となくどこにでも「中国輸入=ノーブランド品」と情報が出てくるので、何となく真似しているだけではないでしょうか。

今回は、なぜ「ノーブランド品を仕入れると安定して儲かる」のか、そのカラクリに迫って解説します。

なぜ、ブランド品ではなくノーブランド品なのか?

物を1つ売って利益を上げるならば、

ぼんやりと考えれば、ノーブランド品より価格の高いグッチやシャネルなどのブランド品の方が売れそうだし、儲けが大きいように思えますよね。

しかし、個人で並行輸入をするとメーカーのアフターフォローがありませんし、偽物の心配があります。もし、画像だけで探し出した仕入れ価格の高い商品が偽物で輸入できなければ、丸損。仮に日本に輸入できたとしても、手元に届いた商品が偽物、または売ってしまってからお客様の手に渡ってから偽ブランドだと判明したときの対応や返金処理などの手間と時間。信頼を失い、二度とそのECサイトで誰からも相手にされない。

など、とてもリスキーで価格競争も大量に輸入する業者に対抗できるか難しいですよね。

では、ノーブランド品ではどうでしょうか、

例えば100円ショップで売られているような品は、生活必需品でブランド品とは違い誰しもが必要としますよね。

しかも、大量生産なので流行り廃りというものがありません。つまり、きちんとマーケティングをしてAmazonに出品をすれば、必ず売れます。正しい知識で輸入をすれば、利益率も高く儲けます。

爆発的に売れるということを期待しない反面、全く売れないということはない、ニーズの幅が広いので堅実に売り上げを上げてくれるのが中国から輸入したノーブランド品です。

⇒ノーブランド品は堅実に利益を出し続けられる

 

だから、“ブランド品よりノーブランド品”

 

Amazonで売れるノーブランド品を探すやり方?

当たり前ですが、中国から輸入をしたノーブランド品をAmazonに出品しても、それが全く売れなければ利益は一切ありません。

そうならないタメには、中国から輸入をする前にAmazonでその商品がどのくらい売れているのか、ランキングでチェックする必要があります。

やみくもに中国商品を仕入れればいいわけではありませんので、必ずチェックをしてください。

あまりにもランキング下位にあるノーブランド品を中国から輸入しても、ノーブランド品には流行り廃りがありませんので、突然ランキング上位へ食い込むほどの人気爆発ということは期待できません。

しかし、ランキングを把握すれば、どのくらいその商品が売れるのか予想ができるのです。

予想ができ、その商品の仕入れ価格が分かれば売り上げの期待値が見えてきますよね。

 

 

売れ行き調査にはモノレートが欠かせません

Amazonでの売れ行きを調査するのに便利なサイトが「モノレート」

このモノレートのサイトへ行けばわかりますが、Amazonに出品されている商品の「平均ランキング」、「出品者数」、「最低価格」を調べることができます。

モノレート(リンク:http://mnrate.com/)

Amazonランキングだけではなく、モノレートを活用しましょう。

 

狙い目は平均ランキング2万~3万位以内の商品

カテゴリーにもよりますが、平均ランキングが2万~3万位以内の商品を選ぶようにすれば、定期的に売れて儲けます。

この数字だけをきくと、こんな順位のアイテムで本当に売れるのと心配になる人がいるかもしれませんが、Amazonでは1億種以上の取り扱い数を謳っていますので、ご安心を。

また、ランキングの変動の波が激しい場合、その商品は出品すれば必ず売れる商品であることの裏付けになります。このような商品は在庫切れになったときにランキングが下がっていき、新しく入荷されて出品されるとランキングが上がるのでランキングの変動の波が激しくなります。この変動もお忘れなくチェックを。

逆に波がほとんどない場合は、利益にはつながりにくい商品だといえます。

 

儲けるには出品者数が少ない商品を選ぶ

中国から輸入をするノーブランド品は、他の出品者数が少ないノーブランド品を選ぶようにしましょう。

なぜならば、自分以外の出品者が少なければ少ないほど、自分が出品したノーブランド品が売れて利益がでるからです。

例えば、Amazon全体の売り上げが100万円のAという商品があったとします。

これを扱うセラーが100人いたとして、全員が平等に売れるとセラー1人あたりの売り上げは1万円。これが、1人だけで扱っていたら100万円全て自分の売り上げです。

出品者が多い商品はランキングが高くても、自分が出品した商品が確実に売れるわけではありませんので、避けるべきです。

目安は、出品者数が10人~3人以内のノーブランド品。

Amazonでは、同じ商品を出品した場合、同一のIDが付きますので、自分で商品ページを作る手間が省けるのですが、ライバルが存在することがほとんどです。

しかし、ノウハウがあればAmazonにオリジナル商品であると認めてもらえる確率がグッと上がり、独占して商品を販売し続けることができます。

 

まとめ

Amazonでノーブランド品をマーケティングする場合、モノレートというサイトが非常に有用です。Amazonランキングだけでなく、大いに活用しましょう。

このサイトは、無料で利用することができるので、中国輸入ビジネスAmazon転売をやっていて知らなかった人は、モノレートの波を理解するといいでしょう。

Amazonで高い確率で売れるのは、平均ランキング2万~3万以内でランキングの変動が激しい「波」のある商品。波が激しい商品は高い確率で売れます。

ただし、正しいやり方での仕入れが必要です。

また、他の出品者数が少ないノーブランド品を中国輸入することで、ライバルと激しい競争をする必要がなくなり、安定した利益につながります。

今回の解説で、儲かるカラクリがイメージできた人は素質があります。

ビジネスとは、最初からダメだと決めつけないで、ようは儲かる仕組みを頭の中でイメージできるかどうか。

あとは実践するだけ。

自身を持って物販をするべきです。

 

最初の足掛かりや、中国人パートナーの紹介はいつでもご相談ください。

いつでも扉を開けて待っています。

 

-Amazon中国輸入

Copyright© Amazon中国輸入・アマゾン販売・メルカリ転売・せどり・ネット副業【山田野武男】 , 2018 All Rights Reserved.