Amazon中国輸入

Amazon相乗り販売と新規カタログ販売

投稿日:

Amazonでの販売方法には、、

相乗り販売と新規カタログ販売に2種類が有ります。

相乗り販売は、

元々商品ページが有り、
その商品と同じ商品を販売する場合に、

元々ある商品ページに自分の商品を紐づけて販売する方法です。

Amazonは同一商品、同一販売ページで販売が基本なので、
同じ商品の場合はこの方法で、
販売するのが基本になります。

新規カタログ販売は、

Amazonでまだ登録が無い商品を販売する場合に、
新規で商品ページを作成して販売する方法です。
良く頂く質問にどちらが良く売れますか?
どちらが良いですか?
など質問を頂きます。

また、新規カタログ出品を勧める中国輸入スクールが多いように思います。

でも、、

特に初心者の方には、、
絶対相乗り販売がおすすめです。

理由は簡単、
相乗り出品は、
販売実績の有る商品ページに、
販売実績の有る販売価格で販売するので、、

売れます。
売れて当たり前です。

売れてる商品を売れてる商品ページで売るのですから、
後は価格が最安値付近(カート価格)であれば、

ライバルがいても、、
自分の順番が回って来て商品は売れていきます。
では、

新規カタログの場合はどうでしょう、、

初心者の場合は、まずAmazonで売れている商品がわからない、
売れてる商品が仮にわかっても、

新規カタログの場合は、、
当たり前ですが、、

アクセスが全く無い所で商品を登録するので、、
商品が売れるどころか、、、

アクセスが無ければ、、
客の目に触れる事も無い可能性が高いです。

なので、

新規カタログ登録での販売は、、

商品知識が付いてから、
行う方が失敗が少ないです。

でも、、
相乗り販売の弱点もあります。

それは、、

相乗り販売では、、
売れている事が簡単にわかるので、(モノレートはAmazonのランキングをみれば)
すでにライバルが多くて、

価格競争に入っていて利益が取れる商品を見つけるのが大変なんです。
反対に言えば、、

Amazonで売れていて、
儲かる商品を見つけられれば、、

相乗り販売は売れないリスクが低く、
利益も取れます。

それを可能にしているのが、、
中国人パートナーを活用した中国輸入ビジネスです。

私の中国人パートナーは、
毎週100アイテム以上の商品リストを届けてくれます。

こんな条件です。

Amazonで売れていて、
Amazonと中国の価格差が2倍以上、
大きさ重さのバランスも考慮

日本へ輸入可能な商品で、

その他、、、、

この条件をおおむねクリアーした商品リストが届くので、
後は、最終確認して、
注文すれば、
日本に届きます。
そんなうまい話が有るわけないとか、

思われる方もいると思いますが、、

これが現実です。

この仕組みが有るので、
どんな初心者の方でも、

Amazon中国輸入で結果が出せます!

-Amazon中国輸入

Copyright© Amazon中国輸入・アマゾン販売・メルカリ転売・せどり・ネット副業【山田野武男】 , 2018 All Rights Reserved.