Amazon中国輸入

ネット販売は売りたい商品より売れる商品を扱うべき理由

更新日:

餅は餅屋といったものですが、中国輸入ビジネスに限っては専門性を必要としません。目的は、「短時間で手間なく効率よく稼ぐこと」

そのためには、自分が扱いたい商品を売るのではなく、売れる商品を何でも扱う方が効率的で稼げます。ご自分が販売している商品を思い出しながら、見ていきましょう。

 

売りたい商品よりも売れる商品を

 

心情的に物販をするならば、興味がある、知っている商品を扱いたい気持ちはよく分かります。専門性を持たせて、ブランド化をはかる、OEM戦略は稼げる土台ができてからでも十分に間に合います。

 

Amazonの販売数、扱いジャンルを見ていただくと分かりますが、莫大な量から利用者が自分の欲しいモノ、必要なモノを選べるシステムです。

 

リアルの世界の買い物のように、金物屋さんで鍋を探す、お肉屋さんで肉を買うなど歩き回る必要はなく、ECサイト内でクリックするだけで商品を探すことができるのです。

 

ネット販売では、一般的には専門性を持たせるよりも、売れている商品を何でも扱う方が有利だと分かるでしょう。

 

中国「ノーブランド商品」で利益確保をはかるには

 

前述したように、多くの人はビジネスを始めると、売れている商品ではなく、売りたい商品を探す傾向があります。

自分の知識の中から売れそうな商品を考えて、欲しいだけ利益を上乗せして販売していますが、このやり方では売れないといえます。

 

なぜならば、あなたの扱った商品は消費者のニーズでしょうか。

たまたま、それが高い値段で売れたとしても、再現性が高いとはいえません。

奇特な方がお客様になっただけで、継続的にやり繰りできません。

 

特に中国商品のノーブランド品は、自分が売りたい物と市場で売れる物は全く違うと理解しましょう。

売りたい商品や売れそうと思う商品を選ぶのでは無く、現在売れている商品を探して、売れている価格で提供する。

 

その売れている価格が赤字価格なら、その商品は二度と販売しない、儲かる価格なら仕入れて販売する。

「売れている商品」を「売れている価格」で販売するのが、ビジネスの基本中の基本。

 

そのルールを守れば、Amazonだけでなくヤフオク、ヤフーショッピング、楽天市場、メルカリ、フリルなど、どのプラットホームでも通じます。

 

問題は商品リサーチ

 

その売れている商品を売るだけなのですが、

儲かる商品を見つけるのが苦労します。

 

普通にネットで氾濫している無料のやり方や中国塾、コンサル、スクールでは、その大事な部分を教えていません。

 

できたとしても初心者には難しく、売れ出すまでに時間がかかり過ぎる、手間や時間を減らせる方法ではないので、結果が出にくい。

 

その一番大変でビジネスの基本の売れていて儲かる商品探しを、中国人パートナーに丸投げできるのが「山田式メソッド」

 

サポート体制がしっかりとしているので、年配の生徒さんも活躍しています。

ビジネス初挑戦の主婦の方やサラリーマンが隙間時間で、バリバリ他の塾でやってきた生徒さんが、大きく羽ばたいています。

 

少額資金、副業、アルバイト感覚、スモビジ(スモールビジネス)でもできる方法です。

 

-Amazon中国輸入

Copyright© Amazon中国輸入・アマゾン販売・メルカリ転売・せどり・ネット副業【山田野武男】 , 2018 All Rights Reserved.