週4時間で月50万稼ぐAmazon中国輸入|山田ノブオ

サラリーマンの給料以上の収入を副業で手に入れたい方へ「週4時間で月50万円稼ぐ方法」

*

Amazon中国輸入、相乗り販売について、

      2016/06/29

このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon中国輸入、相乗り販売について、

Amazonは他の販売プラットホームと異なる点に、

販売方法が挙げられます。

ヤフオクなどでは、あなたが商品を出品するとその商品ページはあなただけの商品ページになります。

Amazonの場合は、同じ商品は、同一商品ページで販売するルールになっています。

Amazon中国輸入において、Amazonにもともとある商品ページと同じ商品の場合は、

その商品ページに相乗り出品します。

要するに、もともとある商品ページに、自分の在庫数や販売価格などの数項目を登録するだけで、

商品ページを作ることも不要、もちろん、画像などの用意もする必要がなく販売することができます。

相乗り販売の場合は、慣れれば、1商品1分もかからないで自分の商品を販売することができるのです。

ただ、同じ商品ページを何人もの販売者で共有して販売するので、

そこには価格競争が起き、商品の価格下落を招くことにもなりやすいのも事実です。

Amazon中国輸入に限らず、Amazonの相乗り販売は、供給が多くなりすぎると、

利益が取りにくくなり商品によっては赤字になることもあります。

Amazon中国輸入販売で、相乗りはダメなのでしょうか?

中国人パートナーを活用した、Amazon中国輸入では、基本は相乗り販売から始める、

なぜなら、相乗り販売が簡単で、売れるからです。

リサーチの段階で、相乗りを前提にして商品リサーチを中国人パートナーにお願いしているので、

相乗りで、最低価格で販売しても、利益の残る層品をリサーチしているため、

最低価格で販売できるので、売れるスピードが非常に早いのが特長です。

売れている商品で、最低価格で販売しても儲かる商品を販売するので、

売れるのは当たり前、早ければ、数分で売れてAmazonからメールが届きます。

売れている商品ページは、言い方を変えると、アクセスが集まっている商品ページそこへ最低価格で商品を置くので、

その商品ページのカートボックスを取得する可能性が非常に高くなり、

結果として、商品が売れます。

この最低価格で販売しても、売れる商品をリサーチする力があるから、

Amazon中国輸入は結果が非常に早く出ます。

中国人パートナーを育て、優れてリサーチデータを手にすることができれば、

Amazon中国輸入は、比較的簡単に手間も最小限でどなたでも行うことができます。

Amazon販売で相乗りは儲からない、相乗りは終わったと言う方もいるようですが、

私からすれば、リサーチ力が足りないだけで、

Amazon販売で相乗り販売は、まだまだ儲かる販売方法で有ることは間違いありません、

Amazonで売れてる商品で、最低価格で販売しても利益がの残る商品をリサーチすれば良いだけです。

 

 - Amazon中国輸入