中国輸入のはじめかた

中国輸入の利益率

投稿日:

中国のノーブランド品を日本で転売するというのが、山田式メソッドになりますが、なぜ中国のノーブランド品を輸入して転売をするのか、という根本的なお話をしていきます。

 

 

【中国のノーブランド品転売に辿りついた理由】

中国のノーブランド品へ辿りつく前に、例えば、アメリカのネットショップで販売されていた「スターウォーズ」のライトセイバーのおもちゃをAmazonで販売を初めとして、ヤフーオークション、イーベイで欧米商品を輸入して日本で転売をしたり、日本の商品を海外に輸出したりしました。

 

そして、最終的に中国個人輸入へ辿りついたのです。いわば、試行錯誤の末に、中国のノーブランド品を輸入してAmazonで販売するという現在の形が、一番利益が出ると確信しました。

 

その理由として、中国ノーブラン品を日本で販売することが、今まで試行錯誤した中で、『利益率』が非常に高いのです。

 

利益率が高いというのは、中国で販売されている中国製品の価格と日本で販売されているときの価格差が大きいということです。利益率が高いということは、簡単にいってしまえば、それだけ黒字になるということです。

 

 

【利益率とは?】

先ほど、利益率という言葉がでましたが、利益率について少しだけ解説をしたいと思います。

 

この利益率とは、単純にいってしまえば「利益÷販売価格」で求めることが出来ます。

 

例えば、「中国にて2000円で販売されている商品」を「日本で4000円の商品」として販売することができれば利益率は50%になります。

利益(2000円)÷販売価格(4000円)=50%という計算ですが、この利益率が高くなればなるほど、儲けが出るわけです。

 

しかし、実際には送料などのコストがかかりますので、計算式に関しては下記のようになります。

 

利益(日本の商品価格-送料等のすべてのコストを含めた仕入れ価格)÷日本での販売価格(Amazonでの販売価格)

 

このようになります。

 

【中国輸入の利益率は高いのか?】

今までの経験から、欧米などのネット販売は、輸送費などを含めれば販売価格の1割の利益があれば良い方でした。

 

一方、中国の個人輸入の場合は、リサーチ費用、購入代行、輸送費などすべての費用を含めて最低2~3割以上の利益率が当たり前です。

 

ここでのポイントとして、『リサーチ費用』『購入代行』が中国輸入のコストに、プラスされています。欧米などのネット販売の際は、すべて個人でリサーチと購入を行なっており、それでようやく利益が1割でした。

 

しかし、中国輸入は、リサーチと購入を現地の中国人パートナーへ代行してもらい利益が最低でも2~3割です。今までリサーチや購入に充てていた時間、私たちはのんびりと趣味にいそしむことができるわけですね。

 

利益率のみならず、このようなメリットも中国輸入にはあるのですよ。

 

【まとめ】

中国のノーブランド品を輸入してAmazonで転売する理由は利益率が高いからです。

 

利益率の求め方は、利益(日本の商品価格-送料等のすべてのコストを含めた仕入れ価格)÷日本での販売価格(Amazonでの販売価格)となります。

 

この利益率が高い程収入が上がるというわけです。そして、中国輸入の場合、多くの部分を中国人パートナーに代行をしてもらったうえで利益率は最低でも2割~3割あります。

-中国輸入のはじめかた

Copyright© Amazon中国輸入・アマゾン販売・メルカリ転売・せどり・ネット副業【山田野武男】 , 2017 All Rights Reserved.