メルカリ転売

メルカリとフリルの売り上げ

投稿日:

単純には、、
二つを比べる事はできませんが、、
メルカリと、、
フリルでは、、
利用の仕方によっては、、
同じくらいの売り上げが期待できる事も!!
本来は、
メルカリの半分以下、、いや、、3割程度の売り上げ期待でしたが、、
フリルの特徴をうまく利用すれば、、、
メルカリとあまり変わらない場合も有りますねー
メルカリは、、
ツールが一斉に排除されたので、、、
出品すれば以前より売れやすいですが、、
アカウントが厳しいので、、
1日出品数を増やすことができない状況、、
現在は、以前に比べて、、
1日のメルカリ登録数は、、
3分の1から4分の1程度に抑えています。。
それでも、
メルカリでのライバルが少ないので、、
売り上げは、
以前と同程度(1アカウントあたり)ですねー
それを考えると、、
メルカリは以前より3倍売れやすくなっているー!?
いいねの付き方も、
出品数は3分の1でもいいねの数は以前と同程度ですねー
メルカリはアカウント停止や、
登録商品の検索圏外が怖いので、、
現状は、、
出品数を増やさずに、、
アカウントを増やす方向ですねーー
それによって、、
現在は、1個もメルカリアカウントが停止していません、、、
もう少し出品数を増やしても大丈夫な気はしますが、、、、、現状しばらく様子見ですねー
さて、、
フリルですが、、、
出品し放題!!!までは行かないまでも、、
メルカリの数倍の商品を出品しても全然大丈夫ですねー
なので、、
同じ条件では、、
フリルの方がメルカリより、
販売力はちょー落ちますが、、
3倍から4倍の商品を登録出来ますので、、
販売力が弱い分を、、、
出品数(露出)でカバーできてる感じですねー
また、、
手数料もフリルは現在0%なので、、
メルカリと同じ価格で売れれば、、
利益もかなりおいしいですねー
ツールを利用して、、、
商品登録をガンガンするならば、、
フリルも面白い販路ですねー

-メルカリ転売

Copyright© Amazon中国輸入・アマゾン販売・メルカリ転売・せどり・ネット副業【山田野武男】 , 2017 All Rights Reserved.